2011年10月13日

ミッシェル・バテュ/スコール〔アールブリアン}


ミッシェル・バテュ/スコール



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    スコール



コメント

0



(C)アートクライミング株式会社



2011年10月10日

ミッシェル・バテュ/茜色の夢〔アールブリアン〕



アールブリアン

ミッシェル・バテュ/茜色の夢



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    茜色の夢



コメント

 バラ色の空が広がる背景に、赤土色とバラ色の混じりあった街ヴェニスを描いています。私にとってヴェニスは、多くの情熱的なヴェニスファンと同様に、世界で最もロマンティックで魅力的な街です。私は、絶えずヴェニスを描きたいという欲求にかられています。この作品は、海辺に建てられた宮殿の魅惑的な装飾や独特の建築、そして、信じがたい程の優美さを称えています。同時に空が真っ赤に染まり、水面が空の色を帯び、夜の沈黙がそっと訪れる夕暮れ時のヴェニスの、少しまどろんだ姿を捉えています。ヴェニスは私にとって、ヴィスコンティ、フェリーニ、プルースト、シャトーブリアン、スタンダール、そしてティツィアーノなどの世界そのままなのです。



(C)アールブリアン株式会社




2011年10月05日

ミッシェル・バテュ/常夏の島【アールブリアン】



アールブリアン

ミッシェル・バテュ/常夏の島



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    常夏の島



コメント

"この作品の島は実在の島ではなく、南の島のイメージを自分の頭の中で組み合わせて想像の島を表現してみました。『騒音』『パーキング』『電話』『ファックス』・・・等のあふれた都会での生活にうんざりすると、『広い海』『青い空』『小鳥』『魚たち』『厚さ』『平和』・・・そして、おそらく幸福のある無人島に行ってみたいと常々思います。これは神経を病み、大気汚染に悩み、ストレスを抱え込み、人込みの中で孤独を感じている都会の人々に共通の夢なのではないでしょうか。
私自身、こういった島には時々行きますが、実際に行って一週間も過ごしていると、直ぐにまた、文明社会に戻りたくなってしまいます。常夏の島は、夢と同時に孤独を兼ね備えたところなのです。


"

(C)アールブリアン株式会社