2012年06月21日

ミッシェル・バテュ/家路〔アールブリアン〕

アールブリアン

ミッシェル・バテュ/家路



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    家路



コメント

ヴァシュレスに夜がやってくる時、空はバラ色からすみれ色に変わり、家々の窓には明かりが点ります。そして田舎の町は次第に静かになって行きます。神秘的な雰囲気が漂っており木々は巨大に見えます。
※ヴァシュレス:バテュ先生の家(城)のある地域。パリの郊外の町




(C)アールブリアン株式会社







posted by アールブリアン at 11:46| アールブリアン株式会社/ミッシェル・バテュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

ミッシェル・バテュ/燃える空〔アールブリアン〕

アールブリアン

ミッシェル・バテュ/燃える空



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    燃える空



コメント

1997年の8月に、私は主人のジョフロワと2人だけで中国へ旅行しました。私たちは上海から香港までの道のりを旅しました。大きな川を渡って、私のお気に入りの揚州の林にたどり着くまでの旅路は、私の最も印象に残る旅行となりました。日が暮れて夜になると漁師達は船内に留まって生活しています。この川の静寂さは私を魅了し、夜空は全て真っ赤に染まっていきます。これはある意味で、哲学的な作品であるのです。



(C)アールブリアン株式会社











posted by アールブリアン at 13:58| アールブリアン株式会社/ミッシェル・バテュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

ミッシェル・バテュ/異国の静寂〔アールブリアン〕

アールブリアン

ミッシェル・バテュ/異国の静寂



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    異国の静寂



コメント

 静かな川の流れは、とても穏やかな気持ちにさせてくれます。全ての物事は未来から始まり、やがては過去へと流れ、とどまることない時間の流れも表現しています。



(C)アールブリアン株式会社















×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。