2010年11月29日

ポエム/ニッサン・インゲル<アールブリアン>

ニッサン・インゲル/ポエム



アーティスト ニッサン・インゲル

タイトル    ポエム



コメント

 詩というものは、物語る絵画であり、絵画は物語ることの出来ない詩です。私は自分の想像力に導かれるがままに筆を運んでいきます。そのことにより、現実の迷路が表れてくることがあります。様々な素材を散りばめ、貼り付け、ねじ曲げます。そうすると、戦慄を感じます。そして、私はサインをし、作品が完成されるのです。



(C)アールブリアン株式会社

2010年11月22日

青いモザイク/ニッサン・インゲル<アールブリアン>

ニッサン・インゲル/青いモザイク



アーティスト ニッサン・インゲル

タイトル    青いモザイク



コメント

"チェスゲームは、非常に造形的なものです。チェスの駒で一つの作品を創り、次に駒をどのように進めていくか、という“美しい課題”を生じさせますが、この美しさは我々の手と頭脳によって生み出されるのです。芸術家が皆チェスをする、というわけではありませんが、チェスをする人は芸術家であるのです。
 私は、幼少の頃からこのゲームに情熱を感じていますから、私がこの作品の中で表現しようとしているのは、この情熱の継続性だといえます。


"

(C)アールブリアン株式会社

2010年11月15日

冬/ニッサン・インゲル《アールブリアン》

ニッサン・インゲル/冬



アーティスト ニッサン・インゲル

タイトル   



コメント

"ビバルディ【イタリアの作曲家:1678-1741】の代表作の「四季」という作品からインスピレーションを受け、想像力を膨らませてこの作品を制作しました。
 これらの作品に於いて、下塗りの準備は制作の最も大切な段階です。下塗りは大切なだけに、何度も修正したりします。まるで、雲が見る人によって異なる印象を与えるかのように、この下地は、見る人によって、または見る度に見方が変わります。私は、この下地を少し彫り刻んだり、下地の上で幾何学的な構造をしたり、植物的モチーフの素描をしたり、楽譜の一部をちぎってコラージュしたりします。
 こうして、私達はビバルディの『四季』という音楽を私の作品の中から感じていただけると思っています。


"

(C)アールブリアン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。